加藤貴大の日記

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

一区切りついた。終わると早いもの

 昨日の日曜日、「第24回柔道整復師」を受験して参りました。結果は、まだわかりませんが、やるべきことは、やりきりました。おそらく、人生で一番机に向かった事でしょう(笑)人間やればできるものです。

 試験は、試合と同じぐらいの緊張感もありましたし、体力勝負なところもありました。大事な事って、ジャンルを問わず、感覚が似るものです。

 試験後は、仲間とラーメン食べて、スーパー銭湯に出かけ、とても楽しい時間を過ごし、リフレッシュしました。ありがとうございます。

 
f:id:takahirokarate:20160307125450j:image
ブレイブファイトのポスターを貼って頂いた三郷市にあるラーメン屋「飛天」の「角ふじ」。


 1つの大きなイベントが終わりました。この数ヵ月は、受験勉強に、かなりの時間と労力を割いてきましたが、格闘技の練習も限られた短い時間の中、続けていました。

 時間も労力も限られた中での練習でしたが、それでも自分なりに工夫をして取り組んで、きました。

 ストレッチなんかは、自宅で気軽にできますし、空手の稽古も自宅でできます。私の空手の師匠がよく「畳一畳あれば、できるのが武道」と言っていましたが、まさにその通りです。

 脳疲労でかなり参っていた事もありました。稽古をやらないでいようと思えば、そうもできましたが、それは都合の良い言い訳なようにも思えました。
  
 自己満足かもしれませんが、限られた時間や労力の中でもできる事ありますし、やる事の大事さというか、続けてきた事に意味を感じています。

 今日からまた、練習も頑張っていきます。必ず、更に強くなって、登りつめてやります。