読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤貴大の日記

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

試合を終えて

試合を終えての反省というか、思うところを書きます。

 

まずは、怪我やダメージもなく終えられて、安堵しております。

 

勝つことは、大切ですし、それが全てです。

 

 

そこで自分は負けたという結果ですので、色々思うところもあります。もちろん悔しさもあります。

 

今の私が、何を言っても負け犬の遠吠えにしかならないと思いますし、それは重々、理解しています。

 

ですが、その前に私は一人の人間です。

 

この先、私一人で好き勝手に生き、誰にも迷惑を掛けないで生きていくのであれば、今がどんなにボロボロになってもいいでしょう。

 

ですがそうでなく、誰かと生きていく選択をするのであれば、ボロボロになるわけにいきません。怪我もするわけにいきません。

 

だからこそ、確実に強くなる道、空手を選びました。

 

道のりは果てしなく遠いと思います。

 

競技的な観点から見ると非効率的かもしれません。

 

ですが私は、怪我やダメージも負うこともなく、確実に強くなっています。

 

古傷こそはありますが、慢性的な痛みはなく、元気な身体です。

 

これからもこの道を踏み外すつもりはありません。

 

空手と共に強くなります。のし上がります。

 

若手という歳でもなく、キャリアも考えるとベテランという歳に差し掛かってきました。

 

ですが、やればやるほど強くなるのが、武道というもの。

 

空手時代の先輩は、40にして世界大会の日本代表に選ばれました。

 

30にもなってない俺が、もっと強くなれない訳がありません。

 

誹謗、中傷は覚悟の上、より一層、この道で精進していきたいと思います。

 

今後も「BRAVE 加藤 貴大」をよろしくお願い致します。