加藤貴大の日記

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

選挙から練習 両方大事なこと

日曜日、稽古前に市議選の選挙に行って参りました!

 


f:id:takahirokarate:20170724231433j:image

 

 

選挙会場は母校の小学校。

防犯のため、選挙ぐらいしか中に入ることはできません。

 

いつ来ても懐かしいものです!

 

国民として政治に参加するのは、大事なこと。選挙にはいつも行くようにしております。

 

さて、Twitter上で気になる記事を見つけました。

 

https://victorysportsnews.com/articles/4660/original

 

 

一昔前に流行った「体幹トレーニング」についての賛否について書かれた記事です。

 

当時サッカーの長友選手がやっていたこのトレーニング。

 

私も当時は、本を買って熱心にやったものです。

 

さて、この記事はアウターマッスルも鍛えましょう。というような文面ですが、私はそうでなく、

 

全体の連動感、頭から爪先までが繋がり、いかに強くしなかやに動けるかが大切だと思います。

 

もちろんそのためのウェイトトレーニングは賛成ですが、本来の目的を見失い、重りを上げて筋肉をつけることに疑問を持ちます。

 

ムキムキのボディビルダーなら良いのでしょうが、身体を動かす選手であれば動きに繋がなければ意味がありません。

 

フィジカルは大切ですが、本来の目的を見失っては本末転倒というわけです。