総合格闘技に挑戦中の空手家 加藤 貴大ブログ

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

今回の減量について ①私の食事の取り方について

2月25日、ディファ有明での「BRAVE FIHGT ×GRACHAN」での試合に向けて、減量中です。

 

私はフェザー級(145ポンド 65,8キロ)で試合をします。

 

 

 

普段の私の体重は71、2キロぐらい。

ここから65,8キロまで落とします。

 

 

現在の私の体重は69.6キロ。

 
f:id:takahirokarate:20180211084320j:image

あと4キロぐらいですね。

このぐらいになると減量の目処もだいぶついてきます。もうひと頑張りといったところでしょう。

 

最後はドライアウトと呼ばれる方法で落とします。

 

汗をたくさんかいて、体重を落とすことです。身体には良くないし、即リバウンドするので、一般の方にはオススメできませんが、体重を落とす、いわばダイエットは一般の方にも参考になるのではと思い、私なりの栄養の取り方、運動方法などのやり方を書いてみたいと思います。

 

72キロぐらいからダイエットを始め、現在の69.6キロ。1ヶ月の間に約2.5キロぐらいのダイエットに成功しています。

 

 

そんなに過剰な食生活も摂生している訳ではありません。

 

一日3食+練習後の食事と4食ぐらい食べています。だいたい毎日こんな感じです。

 

朝→ツナトースト、白湯、紅茶

昼→弁当 白米 200から300グラムぐらい 野菜中心に

練習前→きなこ餅

練習後→野菜中心、白湯、炭酸水

 

朝は体温を上げたいので、白湯や紅茶で身体を温める。エネルギーも必要なので、炭水化物と脂質。脂質を絶つ選手は多いけど、一番エネルギーになるのは脂質。取りすぎなければ良いだけで、身体には必須の栄養です。

 

 昼。あまり食べ過ぎると頭が回らないので、腹6、7分目。白米を食べるのは消化に良く、持ち運びも便利だから。タッパーに入れるだけですし、冷凍して日持ちさせることもできる。

 

野菜は不足しがちなので、必ずとる。

これも加熱をしてます。生野菜は、消化に悪く、身体も冷してしまうので、代謝も下がってしまいます。

 

練習前は、きなこ餅。

最も手っ取り早く作れて、私の好物だから(笑)

茹でて、きな粉にあえれば良いだけだから楽です。

 

夜は少しだけ食べます。

練習で内臓も疲労していますので、量は少なめに、茹で野菜を食べてます。

 

何も食べないのが良いのでしょうが、お腹が空き過ぎると眠れないので、少し食べてます。

 

 

食事はこんな感じで、毎日やってます。

 

 ポイントは、

①必ず火を通すこと

②腹8分目に抑えること

③準備に時間をかけないこと

 

ざっくりまとめるとこんな感じです。

 

次は「運動」について書いてみたいと思います。