総合格闘技に挑戦中の空手家 加藤 貴大ブログ

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

空手の型を使ったフィジカル② セイシャン

空手の型を使ったフィジカル。

前回は三戦についての取り組みについて。

 http://takahirokarate.hatenablog.com/entry/2018/04/01/130125

 

引き続き三戦、セイシャン、ナイハンチと取り組んでいます。

 

この名前は、あまり聞き慣れない方も多いからと思います。セイシャン、前屈立ちのようなスタンスですが、前足を内側に極端にしめて立つ立ち方。

 

セイシャン自体の型はやってませんが、セイシャン立ちという立ち方自体を使っています。

 

意味合いとしては、最大限にお腹を締める、捻るという意味でやっています。セイシャン立ちをしたところから後ろ姿手の突きを行います。

 

 

 型の解釈は人それぞれあると思いますが、私はこんな感じ取り組んでいます。

 

 

 

開脚でしたら、頭は床につくぐらいはできますが、上半身の固さがあるので、こういった型で強制してます。

 

突き、パンチが細く、よりノーモンションで相手に届かせるための稽古。

 

もちろん懸垂やダンベルを使ったフィジカルや組技もやります。

 

何事もバランスというか、必要なものを必要だけ取り入れることだ大事かなと思います。

 

食事もお腹が空かない限り食べないようにしてます。

 

食費の節約にもなるから無駄金使わせてし、太くて済むから、減量の時もそんなに苦労しなくて済みます。

 

今が69キロぐらいなので、試合があればいける範囲内です。