総合格闘技に挑戦中の空手家 加藤 貴大ブログ

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

計量前の準備から計量まで 今回は3日で3キロぐらい落としました。

金曜日に計量を控えて、水曜日ぐらいから準備をはじめました。

 

水曜日の段階で68.6キロ。リミットの65.8キロまで3キロ弱。2日で3キロ弱落とす計算。

 

普通にダイエットしたって無理なので、ちょっとしたずるをします。変なことするわけではなく、ちゃんと方法があります。

 

まずは塩分を1日控えること。塩分のあるものを食べると身体が水分を欲し、汗が出にくくなります。

 

あとは、質量の重いものは食べないこと。一キロの肉を食べても一キロ増えるし、一キロの白米を食べても一キロ増える。一キロの水を飲んだって増える量は一キロって考え方。

 

同じものを食べるなら、質量が軽くてエネルギーになるものを食べます。

 

今回は、蜂蜜トースト、バナナ、きな粉餅、夜は豆乳と茹でた人参。

 

これをやるだけでも随分違って後々楽になります。

減量もできるだけ楽に済ましたいですしね。

 

 

木曜日。朝起きての体重が67キロ。

介護の仕事は、会社から休みをもらい、計量に向けて最後の準備をしました。

 

1日自宅でゆっくりして、夕方には66.6キロ。

 

この日は昼前に餅一個とメイバランスという栄養補助食品一本、あとはオレンジジュースをコップ一杯200cc程度、飴を4個か5個摂取したのみ。

 

いつもはジムでサウナスーツを着て、動いて汗をかいて体重を落とす(ドライアウト)をしているところですが、今回は体重がだいぶ落ちましたので、自宅で調整。

 

自宅の風呂で半身浴。ただ半身浴をするだけでは、汗もあまりかかないですし、何より減量で弱った身体には長風呂はダメージになる。

 

 

人間不思議なもので、じーっとしていると食欲も沸かないし、喉も渇かない。

 

でもまともな食事なんかしてないから、身体は弱っている。だからできるだけ省エネで体重を落としたい。

 

800グラムぐらいなら、明日の計量時間までに体重が落ちてるかもしれないが、予定より落ちなくて、計量失敗するのが一番怖いので、残りを自宅で体重を落とすことにしました。

 

近所のドン・キホーテバスソルトを購入。


f:id:takahirokarate:20180511231527j:image

付属のスプーン2杯程度を浴槽に入れれば良いところ、短い時間で大量に汗をかきたかったので、スプーン10杯ぐらい投入。自宅玄関まで、ジンジャーの香り漂うほど、濃厚なバスソルト風呂完成。

 

 

そこに入ること30分。

 

風呂から出て体重を量ると65.9キロと100オーバー。

350ミリのコーラ一本飲んで寝る。糖質も水分とれて便利なコーラ。ありがたい。

 

朝6時に目が覚める。

減量中はいつも早起き。喉の渇きで目が覚めます。

 

65.7キロと100アンダー。

 

自宅の体重計と計量会場の体重計に誤差があるのはまずいので、計量時間まで我慢。

 

300アンダーでパス。


f:id:takahirokarate:20180511223215j:image

 

 

BRAVEからは、竿本たつき、MAX THE BODYも出場。

たつきはタイトルマッチ。

 

明日は、やれる。俺なら勝てる。

 

 

押忍!