総合格闘技に挑戦中の空手家 加藤 貴大ブログ

 MMAに挑戦中の空手家さんです。BRAVE所属 フェザー級。格闘技関係の記事をメインに、書いていきます。  DEEP、BRAVE FIGHT、リングス、XFL、グラチャンに参戦!  柔道整復師で高齢者の通所介護施設にて機能訓練士と勤務しています。  また伝統的な古流の空手を学んでおり、格闘技のパフォーマンス、高齢者への運動指導に生かしています。 

誕生日

こんにちは。

総合格闘技に挑戦中の空手家、加藤貴大です。

 

先日、7月9日、満30の誕生日を迎えました。

 

多くの方から祝福のお言葉を頂き、ありがとうございます。

 

いい歳になったので、淡々と「やりたいことだから、やるんだ!」という、ワガママは通じないですね。

 

人間である以上、何かしらの使命というか、後生に残すもの、人や社会に何かしら貢献しなくてはなりません。

 

そんな大したことはできませんが、少しでも何か役に立てればと思います。

 

私自身、格闘技をやる上で、また自分の人生設計を考えた上でどうなりたいか?というビジョンを持ってやっています。

 

私には格闘技をやる上で理念があります。

 

それは

 

「日本古来の技術や思想を受け継ぎ、現代でその強さ示す。それを子供達へと伝える。それと同時に夢を叶える方法を伝える。」

 ということです。

 

日本古来の技術には、素晴らしいものがたくさんありますが、それらは年々失われています。

 

後継者がいないが故に、なくなっていく技術や文化がたくさんあります。

 

武術もそのうちの一つです。

 

非力な日本人が勝つには?弱者が強者に勝つ方法。それが武術だと思います。

 

その強さをみせられていない自分の弱さもありますが、武術を広めるために、挑戦を続け、日本の文化を残したい。

 

強さを示す形としてベルトが欲しい。

タイトルホルダーという肩書き、形で示していく予定です。

 

 

ですがスポーツで成功を修めるにはリスクがつきます。

ハイリスクハイリターン、いや今の相場だとミドル、ローリターンかもしれません。

 

そんな中で、頑張れと言うのはとても酷だと思います。

 

ですからお金の稼ぎ方や人生設計について学び、実践しながら、出来るだけリスクを減らし、成功を掴み取る術を私自身で体現したい。そう思っています。

 

まだ道半ばで、何も形になってまいませんが、少しでも形にできるよう精進して参ります。

 

押忍!